東京SJCD主催の例会に行って参りました

前回の勉強会とは少し違い先生方が行った治療についての発表です。

矯正医と連携し、できるだけ歯を削る量を少なくした前歯の治療。

奥歯のない方が、インプラントを使って噛めるようになるまでなど、

問診から始まり治療の経過、その後の様子などを話され、先生方がどんな目線で治療していくのかを見ることができるいい機会になりました。

そして、今回は、歯医者さんでよく聞かれるようになった「審美治療」について改めて考えさせられました。

審美=見た目の美しさと思われがちですが、それだけではなく機能的でもあるんです。

例えば歯並びが良い・歯ぐきのラインンにバラツキがないのであれば磨きやすいですし、きちんと上下が噛み合っていれば片寄って一部の歯に負担がかかりがちな噛む力をちゃんと分散してくれ、歯を長持ちさせることにもつながります。

一言で審美といっても、緻密な計画の上に成り立っている機能美なんですよね。

今回学んだこと、感じたことを患者さまにうまくお伝えできるように頑張りたいなと思います S