南カリフォルニア大学(USC)ジャパン・プログラム

南カリフォルニア大学(USC)歯学部とは?

1897年に創立された南カリフォルニア大学歯学部は、1952年に現在の本学キャンパス(University Park Campus)に移転して、1969年には5階建てビルとして改築されております。 ロサンゼルスの中央に位置する南カリフォルニア歯学部は、世界有数の私立大学歯学部として口腔衛生向上のために、臨床・教育・研究にたゆまぬ努力を日夜重ねている大学です。

ジャパンプログラムとは?

USCジャパンプログラムでは「インプラント」「審美歯科」「歯周補綴」等々の治療技術について、日本に居ながらUSCと同等の講義を受けることが出来るというセミナーです。 当院院長の林は2010年9月にジャパンプログラムを卒業し 南カリフォルニア大学(USC)客員研究員「Visiting Scholar」 の任命をうけました。

ロサンゼルスキャンパスでの風景

University of Southern California

バック・リー(口腔外科・臨床教授)

マーチャック先生オフィスにて

USC キャンパス内の中庭風景

ボールドウィン・マーチャック (補綴臨床教授)

2010年度卒業式 USC にて

USC 歯学部

USC 歯科衛生士診療室内

スタンリー・マラメッド (歯科麻酔主任教授)

USC レクチャーの様子

USC キャンパス内の食堂外観

アブディ・サメーニ (審美歯科臨床准教授)

Welcome partyマーチャック邸にて

ホーマー・ザデ (ペリオ臨床教授)

ハレル・サイモン(補綴臨床教授) ジブ・サイモン(ペリオ臨床准教授)