診療科目

インプラント治療とは

虫歯や歯周病、突然の事故など、人は様々な原因で歯を失います。

歯を失う事で、食べ物がよく噛めない、正しく発音できないなど体の問inplant_img1題ばかりでなく、食事を楽しめない、人前で自然な笑顔が作れない、年老いて見えるなどの心の問題と深くかかわっています。

インプラント治療とは、失ってしまった歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせや審美、発音機能を回復する治療法です。

固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

他の治療法との比較

インプラントの最も大きな特徴・利点は、従来の治療法(ブリッジ)ですと両側の健康な歯を削る必要がありましたが、インプラント治療ならば、健康な歯を削る事なく天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できる事にあります。

また部分入れ歯の場合、金属のとめ具などに違和感を感じ、見た目も良くありませんでした。しかし、インプラント治療ならば、止め具などを使わない為に口の中に違和感を感じる事もありません。

審美的にもバネがないので、自然できれいな歯並びがよみがえります。

入れ歯ではどうしても満足する事が難しかった 「食べる・話す」事も、インプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻す事ができます。

治療法インプラント入れ歯ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生優れる(手入れ要)不衛生になりやすい不衛生になりやすい
耐久性優れる(手入れ要)不衛生になりやすい不衛生になりやすい
健康な歯を削るなしなし両隣の歯を削る
違和感なしあり少ない
顎骨がやせるなしやせるやせる事がある
手術有り (抜歯程度)なしなし
診療形態自由診療となります保険診療見映えの良いものは、自由診療となります保険診療見映えの良いものは、自由診療となります
治療期間通常6~24週間程度2週間-2ヵ月2週間-3週間

メリット / デメリット

インプラントのメリット

  • ・安定したかみ合わせを保つことが可能
  • ・失った歯の数が多くても、かみ合せの力が回復します
  • ・自分の歯のように見た目がきれいにできる
  • ・適切なケアにより数十年保つことも可能です

インプラントのデメリット

  • ・ある程度、治療期間が長期(術式、症状により短期も可能となりました)
  • ・状態によっては手術をできず、インプラントを適用できない場合がある
  • ・1本単位の価格なので、比較的費用が高額になってしまう
  • ・来院した上での定期メンテナンスが必要

1本の歯を失った場合

最も一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。 ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済む点がメリットといえます。 また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが通常でした。しかし  取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきで支えらければならず、負担がありました。 インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、安定します。

インプラントバリエーション

All-on-4(オールオンフォー)

必要最小限のインプラント本数で無歯顎の治療が出来ます。 今までなら8本のインプラントを入れていた場合でも4本のインプラントで12本の歯を入れる事が出来ます。 入れ歯の方、歯槽膿漏でお悩みの方、事故などで歯を失ってしまった方へ適用する治療方法です。 「All-on-4」は治療期間が短く、固定式保綴物を装着する方法です。

ソケットリフト

上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を押し上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。 インプラントを埋める部分から押し上げるので、傷口が小さくて済む点がメリットです。

抜歯即時インプラント

歯を抜くと同時に、その穴にインプラントを埋入する方法です。手術が1回で済むことでの短期化、切開が不要なことで腫れにくく、痛みが少ないなどのメリットがあります。

GBR(骨再生誘導法)

骨の量が足りない場合に、骨を足す(骨造成する)ことでインプラント治療を可能にする方法です。

サイナスリフト

上顎の奥の骨が極度に薄い(5mm未満)時に、口の中から鼻の空洞に穴を開け、骨を足し(骨造成)、そのあとにインプラントを埋め込む方法です。ソケットリフトとの違いは上の顎の奥の骨の厚さに依存します。

笑気吸入鎮静法

笑気ガスを使用した鎮静法です。鼻にマスクをあて、鼻から酸素:笑気=7:3位の割合で吸入します。 すると、軽くお酒に酔ったような状態になり、恐怖心が少なくなり痛みに鈍感になります。また、時間間隔も 鈍ることから、治療が早く終わったように感じるのもメリットです。

スプリットクレスト

骨の高さはあるが幅が足りない場合に、隙間を押し広げながらインプラントを埋め込む方法です。

無切開手術(フラップレス)術式

切開・剥離・縫合を省いた術式です。手術時間が短縮され、出血もほとんどないため術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる点がメリットです。

静脈内鎮静法

寝ている間に治療が終わるという鎮静法です。歯科麻酔医(専門医)によって、生体モニターを使用し、 脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら全身コントロールも行います。 もっとも痛みを感じない治療法と言えます。